トーマスとしゅっぱつ!シリーズを買い込んでみました!

トーマスとしゅっぱつ!シリーズ




きかんしゃトーマスの知育本としては、トーマスとしゅっぱつ!シリーズがあります。全て遊んでみて、共通しているところや違うところを簡単にご紹介いたします。

トーマスのみならず、どの教材にも共通して言えることですが、やはりただ単に本を買い与えるだけではなく、親が一緒になって遊んであげることが重要ですね。

一度遊び方を覚えたら、一人で集中して声を出しながらお絵かきしたりハサミチョキチョキしたりしています。この本を通して、2歳半ながら我が子はハサミでチョキチョキがだいぶ上手になりました!

トーマスとしゅっぱつ!シリーズ全6冊

最新の出版日順に並べてあります。

トーマス ばっちり しつけ

おはよう・おやすみ・ありがとう・ごめんなさい・いただきます・はみがき・トイレ・おかたづけ等、しつけに関することを学ぶことができます。

しつけは3歳を超えてから少しずつ学んでもらいたいので、我が家では一番最後に使い始めて、親がうまくコントロールして全てをやりきらないよう少し残してあります。

トーマス ぬりぬり おえかき

あめをかこう・かぜをかこう・けむりをかこう等、自然のものをお絵かきして楽しめます。トーマスを描くページもありますよ。

トーマス すうじ 123

かずをかぞえたり、すうじカードで遊んだり、パズルもあります。トーマス好きなら、キャラクターの名前と共に数字を自然と覚えてませんか!?そんな方には導入編としてオススメです。

トーマス ひらがな ぜーんぶ

全てのひらがなの言葉や書き順を学ぶことができます。2歳半の我が子は語学が少し不得意なのか、「あいうえお」の音と文字がマッチせず、切り貼りにまだ夢中です。3歳を迎えたら改めて遊んでみたいと思います。

トーマス いろ・かたち

あお・みどり・あか・くろ等のいろ、まる・さんかく・しかく等のかたち、を学ぶことができます。数字と同じようにキャラクターと共に色を自然と覚えているお子様には導入編としてオススメです。

トーマス ひらがな

人気キャラクターのトーマス・パーシーを利用して、「と」や「ま」や「し」等ひらがなの一部を中心に学べます。ハサミや糊を駆使して全てのひらがなのパタパタえほんを作れます。

どの本から始めるのがオススメなの!?

トーマス本(ハサミでチョキチョキ)

どの本から始めるべきか、特に順序は指定されていませんし、全て対象年齢が2歳・3歳・4歳となりますので、好きなジャンルから始めて問題ありません。

全ての本で下記4つの遊びが共通していて、どの本でも各ジャンルの学びと手先の能力を鍛えることができるので、本当にお好きなものからで良いと思います。

  • 線を引く
  • シールを貼る
  • ハサミで切る
  • 糊で貼る

我が子はトーマス大好きっ子で、ハサミでチョキチョキが楽しいらしく、全ての本の切り取る遊びだけを全て終えてしまいました…。

関連記事 付録目当てのカーズビクトリーブックでディズニー知育ドリルを見つけました!




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください